費用を抑えるには余裕を持って行うこと

早めの準備でオプション費用を削る

引っ越し業者のサービスには、単なる搬送だけではない。
荷造り、家具の梱包、引っ越し後の家具の配置から不用品の処分にまで至る。
引っ越し準備はとても労力を必要とする。
上記の作業をすべて一人で行うとなると最初の荷物の不要必要かの分別から始まり、一つ一つ梱包を行う。
割れ物、パソコンなどの精密機器に関しては緩衝材を用いて丁寧な梱包が必要になるので余計に労力を要する。
業者に頼めば丁寧に手間なく行えるがオプション費用が掛かってしまうため出来るだけ自分で行うことが望ましい。
また引っ越し先に行く途中で依頼者の指定した場所を経由して荷物の搬送をする、「立ち寄り」も提供されている。
費用がかからないだけでなく、引っ越し自体がスムーズに進むようになるべくオプションを利用せずに余裕を持ってスタンバイしよう。

退去時まできれいにするのが大事

引っ越しするというのは今までいた場所を去って新しい住居へ行くことである。
今まで自分が使用していた住居に関して、礼儀と感謝の意味を込めてきれいに掃除をしておく。
引っ越し作業が終わると部屋は家具や日用品がなくなってがらんとしているだろう。
しかし引っ越し作業は引っ越し業者が部屋に入って重労働を行ったり、長年使用した水回りや壁、玄関には汚れがついているだろう。
もちろん建物の管理会社が退去手続きの一つとしてクリーニング費用をあらかじめ徴収されているかもしれない。
しかしながら引っ越しででた紙くずやガムテープなど梱包を行う際に出たゴミは片付け退去するのが常識だといっていいだろう。
引っ越し当日に慌ただしく作業を行い、作業が終わった後はへとへとで掃除までする気力がないという事態にならないように計画を立てることが必要である。


▲ TOPへ戻る