要らないものはお別れする

自分のものは自分で整理する

生活していくと溜める気はないにもかかわらず、どんどん自分の物が増えてしまう。
それは洋服に始まり、学校や職場の書類、学校や職場の制服、その時好きな本や趣味嗜好のものなど様々である。
引っ越しを機にすっきりとさせてついでに費用も抑えてしまうのが良い選択だろう。
引っ越し費用は時期や時間帯だけでなく、搬送する荷物の「量」にも反映される。
荷物の量が多ければ多いほど料金は割高になってしまう。
せっかく身の回りの荷物を整理する機会があるのだから、新生活に必要なものと不要なものを分けて新たな気持ちで良いスタートをきるのがいいだろう。
引っ越しが決まったら、荷物をただ梱包するだけではなくまずは荷物を分別することが先決である。
引っ越し業者にお任せではなく自分で出来ることは自分で行い、気持ちの整理と費用の削減に努めよう。

新しい生活へ向けてすっきりと!

新しい学校、職場へ進んで新しい生活拠点を築くと気持ちが昂ると同時に新生活に慣れるまで緊張の日々が続くだろう。
引っ越しが終わった後は荷解きと家具家電の配置が待っている。
引っ越し先への荷物の搬送した日から、次の生活が始まるまでに日数があれば荷物の整理をやれる余裕があるだろう。
しかし都合がつけられずに荷物の搬送から新生活開始まで間もない場合には落ち着く暇がないまま新生活が始まり、気がつけば数週間が経っても荷物が入ったままの段ボール箱がそのままということになってしまうだろう。
新生活が一度始まってしまうとそれに慣れるまでなかなか余裕がないだろう。
もちろん引っ越し業者による荷解きや家具の配置サービスもあるが、それらを依頼すれば基本料金に加算されてしまうだろう。
引っ越し当日までだけでなく、引っ越し後の日にちにも余裕を持って新しい生活をスタートさせよう。


▲ TOPへ戻る